ナパバレー ワインの歴史

アーリーナパ

野生のぶどうは確かにナパバレーの初期に豊富に生育されましたが、ワイン用ぶどうを栽培する可能性を、定着したジョージ・カルバート・ヨントが見つけました。

ヨントはその地域に農家をひとつ建設し、1839年にナパバレーにぶどうを最初に植えました。すぐに、ジョン・パチェットやヘンリー・ウォーカー・クラブのような他の先駆者は、ナパバレーに最初のワイン用ぶどうを植えました。

先駆者と早期拡大

チャールズ・クルーグは、1861年、ナパバレーに商業ワイナリーを設立したと評価されています。彼の成功とリーダーシップは新たな成長の波を巻き起こし、1889年にはシュラムズバーグ(1862年設立)、ベリンジャー(1876年) イングルヌック(1879)を含む140以上のワイナリーが稼働していました。

最初の課題

しかし、ナパバレーの急成長はすぐに止まってしまいます。20世紀になると、ぶどうが余り価格は急落します。

さらに、フィロキセラによりナパバレーのぶどう畑の80%以上が破壊的な根腐れの犠牲になり、大きな打撃を受けました。

ナパバレーワイン産業へのさらに大きな脅威は、1920年に施行されたアメリカ合衆国の禁酒法で、消費のためのアルコールの製造、販売、輸送が全面的に禁止されました。

ぶどう園とワイナリーは、今後14年間ワイン製造を放棄し、数少ないワイナリーは宗教上必要なワインを生産し続けています。

回復

1933年の禁酒法を廃止し、ナパバレーのワイン産業は緩やかな回復を始めました。この間、ジョン・ダニエルJrはイングルヌックを復活させ、ジョルジュ・ド・ラ・トゥールはボーリュー・ヴィンヤード(BV)を再建し、ルイス・M・マルティーニはワイナリーを作り、モンダヴィ家はチャールス・クリュッグ ワイナリーを購入しました。

フランスで働いていたロシアの亡命者であるアンドレ・テチェリチェフ(Andre Tchelischeff)は、BVのために働くようナパバレーに来て、ナパバレーワインの歴史的に偉大な人物となりました。

スポンサーリンク